漢方では、肌は内臓の状態を反映した鏡だと言われています。敏感肌や肌荒れ、吹き出物、かゆみなどの症状がある場合、全体的に免疫力が低くなっている状態だとされます。

外側からのケアだけでなく、バランスのとれた食生活ができているか(タンパク質、炭水化物、脂質、ビタミン、ミネラルの5大栄養素がきちんと摂取できているか)、十分な睡眠がとれているかを気をつけましょう。

さらに適度な運動でストレスを解消したり、汗をかいて新陳代謝を促すなど、内側からのケアも真の美肌作りには欠かせないことなのです。