④就寝前に部屋を暗くしておく

寝る直前まで部屋が明るいと、睡眠を促すメラトニンというホルモンが抑えられ、眠りが浅くなったり寝つきにも影響があると言われています。寝る前は部屋の電気を少し暗くし、間接照明にしてみましょう。

 

⑤就寝前のスマホ・PC・テレビなどを控える

スマホやテレビなどからの光を受けると脳が活性化し寝つきが悪くなりがちです。睡眠前の1時間程度を目安に、使用を控えると良いでしょう。

 

⑥タバコを控える

タバコを吸うことで体内のめぐりが悪くなってしまうことがあります。乾燥の原因になることもありますので、吸いすぎに気を付けましょう。

 

顔が乾燥する原因と対策についてご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。
生活習慣とスキンケアを見直して、すこやかな肌を保ちましょう!