しょうが紅茶の効果とは?

①「しょうが」の効果

体が温められ発汗が促進され、血液の流れがよくなり血液の汚れをとってくれます。そして消化機能も促進され、利尿作用があります。 他にもいろいろな効果があるすごいパワーをもった生姜。

このしょうがに加えて・・・

②「紅茶」の効果

紅茶には、カフェインという成分が入っていてこの成分は、利尿作用があります。生姜にも利尿作用がありますが、紅茶にも同じ効果があるのですね。 体に水がたまってしまうと、体が冷えてしまったり、病気の原因になったり、体がむくんでしまったりします。

①と②を合わせた「しょうが紅茶」は相性抜群!

生姜紅茶は 利尿作用があるので、摂りすぎた水分を排出してくれるのですね。 水分は摂りたい、でも余分な水分は体から出したいものですよね。それには生姜紅茶が一番!ということですね。

また、紅茶には、テアフラビンという成分が入っていてこの成分は、体を温めてくれる効果があります。生姜にもあたため効果があります。 ということであたため効果についても抜群ということですね。

個人差はもちろんありますが、さまざまな効果が期待できるそうです!

冷え性、むくみ、便秘や下痢、こりや痛み、高血圧、狭心症、抑うつ気分、水太りなどに奏功する。 毎日3~6杯飲む習慣をつけると、さまざまな心身の不調から解放されるはずである。

しょうが紅茶を1日3杯以上飲むと、1~2日で500g~1㎏、以後、徐々に減って、減量に成功できる人がほとんどです。しょうが紅茶がそれほどの減量効果を発揮する理由は、体を温めて代謝をあげ、その上、発汗と強力な利尿効果により水太りが改善できる、という点にあります。