「夏になると食欲が落ちて痩せる」という声を聞きますよね。
食欲が落ちて脂っこい食べ物を避け、あっさりした冷たい食べ物ばかり食べているのに、なぜか体重が増えてしまうという…という方、それは「夏太り」かもしれません。

人間は、気温が下がると体温を維持するためにエネルギーを燃焼しようとし働きかけます。
しかし、気温が体温に近い夏の場合、エネルギーを燃焼する必要がないと体が判断するため、エネルギーはそれほど燃焼せず、基礎代謝量も増えないのです。
夏は汗を大量にかくため、冬に比べ新陳代謝も活発に行われているような気がしますが、実はそうではないのです。
そもそも夏場の汗は、気温の上昇によって上げられた体温を下げるために出ることが多いため、運動による発汗とは、少々性質が異なります。
では、なぜ夏に太ってしまうのでしょう。

夏は多くの汗をかくことで奪われた水分を補うため、冷たい飲み物や甘いものを必要以上に摂取してしまいます。
実はこうした行動が夏太りを招いてしまのです。
さらに、暑さによって外出を控えてしまうため活動量が低下し、エネルギーが消費されにくくなってしまうことも、原因の一つ。
加えて夏場は体力を奪われるため、夏バテ防止のためにと必要以上に食べ過ぎていたりしませんか?
高カロリーのものばかりを食べていると、カロリーオーバーとなってしまい、肥満を招いてしまいます。
また、そうめんや冷麺など、冷たい食事は体を冷やすことで、代謝を悪くし、体内の水分をうまく排出できなくなることでむくみを招いてしまうことも。
もちろん、夏のビールも例外ではありません。
暑い夏に冷えたビールは美味しいですが、ほどほどに。
夏太りを解消するには、冬と変わらない食生活を心掛け、温かい食事を取ること、運動量を維持することが肝心です。