善玉菌の働きは、悪玉菌の増殖を抑えて腸を健康に保ち、有害物質の発生や病原性細菌の繁殖を抑える、免疫力アップ、風邪の予防、アレルギー症状の緩和、便通を良くする、肌荒れ改善、肥満予防など、全身の健康に繋がっています。
では、善玉菌を増やすにはどうしたら良いのでしょうか?

【1】発酵食品を食べる

ヨーグルト、チーズ、納豆、味噌、醤油、糠漬け、キムチなどの発酵食品には乳酸菌やビフィズス菌が多く含まれているので、食べることで善玉菌そのものを摂ることができます。胃酸で死滅してしまう菌もいますが、死んでしまった菌がまったく無意味になるわけではなく、間接的に腸内環境を良くすることに役立ちます。生きて腸まで届くかどうかはそれほど気にせず、積極的に発酵食品を取り入れましょう。

【2】食物繊維とオリゴ糖

食物繊維やオリゴ糖は腸内で善玉菌のエサとなって善玉菌を増やし、腸内環境のバランスを整えてくれる働きがあります。
食物繊維は野菜全般、果物、穀類、豆類、海藻、きのこなど植物性の食べ物に多く含まれています。

オリゴ糖は糖質の一種で、シロップや健康食品等の形で販売されているものもありますが、食品から十分に摂ることができます。アスパラガス、玉ねぎ、キャベツ、じゃがいも、ごぼう、バナナ、牛乳などのほか、大豆にも多く含まれています。大豆を発酵させた納豆、味噌、醤油は、善玉菌を増やすにはとても良い食べ物です。

【3】よく噛む

口の中でペースト状になるまで噛むことが理想的です。早食いや飲み物で流し込むような食べ方は、消化に悪いだけなく太りやすい食べ方でもあります。咀嚼は消化酵素の分泌が促されるので、消化吸収が良くなり、悪玉菌のエサを増やさないことに繋がります。
暴飲暴食は消化不良を起こす原因となるので、腸で悪玉菌のエサとなりやすいです。