■腸のゴールデンタイムに合わせてヨーグルトを食べる!

人間の体は、1日の中で、朝は排泄、昼は食べたものを消化し栄養の補給、夜間は吸収というリズムがあります。
朝にお通じがあったり、夜遅くに食べると太りやすいことからも、このリズムは実感できると思います。
こうした体のリズムには、腸の働きが最も活発になる「腸のゴールデンタイム」があり、22時~翌2時がその時間帯だと言われています。

この時間に合わせて腸を整えるヨーグルトを食べることで、腸のゴールデンタイムをさらに後押しすることができるというのが、夜ヨーグルトダイエットのメソッド。

夕食の時間帯にヨーグルトを食べることで、眠っている間に乳酸菌などの善玉菌が働いて腸が活性化し、腸内環境を整えたり、老廃物の排泄や有害物質を減らしたり、太りにくい体質作りに役立つとされています。