みなさん、毎日お湯を溜めて湯船に浸かっていますか?

お風呂には様々な効果があります。

 

☆温熱効果

身体が温まりけ血行がよくなります。お湯の温度によって効果も変わります。

・熱めのお湯(目安42℃以上)……交感神経を刺激し、心身を活動的にする
・ぬるめのお湯(目安39℃以下)……副交感神経を刺激し、心身を落ち着かせる

皮膚の毛細血管や皮下の血管が広がり、血流が良くなります。それにより体内の老廃物や疲労物質の除去、コリがほぐれ疲れが取れます。
また、内臓の働きを助け、自律神経をコントロールする作用もあります。腎臓の働きもよくなり、利尿作用がはたらきます。

 

☆浮力効果

お風呂で肩まで浸かると体重は 約10分の1程度になります。普段体重を支えている筋肉や関節は、その役割から開放され、緊張からくる脳への刺激が減少します。
見えない身体の負担を軽減することにより、心も開放されてゆきます

 

☆静水圧効果

水圧による圧迫効果で マッサージされた時の様な効果と同じです。この圧力はウエストが3~6cmも細くなるほどです。足にたまった血液が押し戻され、心臓の働きを活発にし、血液の循環を促進します。
また、腹部にかかる水圧が横隔膜を押し上げて肺の容量を減少させるため、空気を補うために呼吸の回数が増え心肺機能が高まります

 

お風呂に入るのは一日の汚れを体から落とすのが目的という使命感みたいなのがあると、凄く面倒臭く思いますが 温泉となると「入りたい!」に変わりますね♪。だから少し考えを変えてお風呂にはリラックスする為に入ると思えばいいですね。