今は全国的に節分の日は恵方巻きを食べるというのが浸透してますが、
もともとは大阪発祥らしいです!!

恵方巻きとは立春の前日にあたる節分の日に、その年の恵方を向いて丸かぶりすると
縁起がいいとされる太巻きで、起源は、江戸時代の末期頃に大阪の船湯で、
商売繁盛を祈願して太巻きを食べ始めたことがきっかけとされています!

恵方巻きの正しい食べ方ルールは3つあるらしく、
1   その年の恵方の方角を向いて食べること!
2   恵方巻きを食べる時は、話をせずに黙って食べること!
3   恵方巻き(太巻き)一本を切ったりせず、丸のままかぶりつくこと!

一本黙ってかぶりつくのは大変そうですが・・・
私(吉井)は今日のお昼実践してみたいと思います(^^)

皆さんも今日のお昼や夜にやってみませんか(^^)/

恵方の方角むいて、恵方巻き食べて
今年もいい年にしましょ♪ヽ(^。^)ノ