施術を受けた次の日に「だるい」「やたらと眠い」状態になる人がいます。初めて治療を受ける方や、長年のコリを持っている方に多いようです。yurukarada

だるさは、それまで緊張していた身体が、一度にゆるむことによって生じます。
コリで固くなっているとき、筋肉は柔軟性を失っています。ひどく疲労しているのですが、感覚が鈍っているために疲れを感じません。
施術後は筋肉がゆるむので、鈍っていた感覚も回復し、それまで感じなかった疲れを自覚します。それが「だるさ」です。このとき筋肉の血流は増し、筋組織は回復を始めています。

眠気もまた、ゆるみの証拠です。脳は神経を通して、全身の状態を常に把握し続けています。コリや緊張があると、そのストレス信号が脳に送られ続け、脳も緊張状態になります。「身体が疲れているのに眠れない」というのがこのケースです(潜在的な緊張は、不眠の原因のひとつです)。
施術で筋肉がゆるむと、脳はストレス状態から開放されるために、強い眠気を感じます。眠ることで、身体はさらに回復します。

だるさも眠気も身体が回復するのに必要な作用です。ほとんどの場合は1~2日で終わりますので心配はいりません。