ストレス

精神的なストレスが原因となって便秘になることもあります。例えば、旅行先で一時的に便秘になるのもこのケースに当てはまります。

また、不規則な生活などによる肉体的ストレスが自律神経に影響し、腸管の動きを悪くすることよる便秘もあります。

我慢のしすぎ

我慢のしすぎも便秘の原因のひとつだと考えられます。無理なガマンをしてしまうことで、排便のタイミングを逃してしまいます。そして、その結果、便の水分が抜けて硬くなるため、出にくくなってしまう、つまり便秘になってしまうのです。

妊娠による便秘

便秘は一般的に女性に多いとされ、さらに妊娠すると便秘になりやすいとされています。妊娠することによって増大した妊娠子宮による腸管の圧迫、非妊娠時と比較して、明らかに高値な黄体ホルモンなどの影響による腸管のぜん動運動の低下などが便秘の原因とされています。

治療法としては非妊娠時と同様ですが、生活習慣(食事指導、運動、排便リズムの確立など)の改善が必要になってきます。便秘薬などで解消したいと思う反面、妊娠中は赤ちゃんに影響が出ないかという不安もあります。やはり、生活習慣(食事・運動など)の改善が治療法としては安心ですね。