食べ過ぎ脳をリセットする習慣☆

リセットテク③

血糖値をコントロールして脂肪の蓄積防止

☆緑→赤→黄のグループ順で食べる☆

空腹で食べる食事は血糖値が急激に上昇しやすく、食べ方次第では、脂肪を蓄積する原因になります。

そこで食品をグループごとに色分け!

緑→赤→黄の順で優先的に食べることで、血糖値の上昇をゆるやかにし、脂肪の蓄積を防ぎます。

 

①緑グループ  ビタミン・ミネラル

☆体の働きを調整するグループ☆

炭水化物や油脂類、たんぱく質を消化吸収して熱やエネルギーに変えるために必須の栄養素

例:野菜類、海藻類、果物類など

 

②赤グループ  たんぱく質

☆体の組織や筋肉、血液をつくるグループ☆

体の構成部品である筋肉や髪の毛、皮膚、脳細胞、血液などの材料となる成分。

例:肉の赤身、レバー、魚、卵、大豆など

 

③黄グループ  油脂、炭水化物

☆体を動かすガソリンとなるエネルギー源グループ☆

体を動かしたり体温を適正にするためのエネルギーとなる成分。

例:ごはん、パン、麺類、芋類、バター、油など

 

☆空腹感がないときはたんぱく質+野菜☆

「今はお腹がすいていないけど、今何か食べなきゃ次までもたない」というときは、緑グループと

赤グループをつなぎに食べて。「サラダ+ゆで卵+豆乳ラテ」や「おでんの大根+こんにゃく+卵」

などがオススメ。黄グループは空腹時のみ!

 

☆食事は20分以上、30分以内で!☆

20分以内の早食いは、血糖値の上昇が間に合わず、満腹感を感じづらくなります。

さらに30分以上のだらだら食べは、食べている最中に胃に空きができてしまい食べ過ぎる原因に。

 

☆黄グループの食品は単品で食べない☆

黄グループである炭水化物は、活動する日中にこそ必要な栄養素。

朝食には必須の食材ですが、単品で食べると血糖値が上昇!

緑・赤グループの食材とバランスよく食べて!