☆乾燥肌を改善してくれる栄養素と食材☆

肌を支えている栄養素にはさまざまなものがあります。肌を構成している成分は1つではなく、さまざまな成分が重なり合って始めて健康な肌を作りだしているのです。
それらの栄養素は、体内で生成できるものもありますし、食物からでないと補給できないものもあります。体内で生成できるものも生成要素がそろっていないと作り出すことができないため、その体内環境を整えることも大切なのです。

【セラミドが含まれている食品】
セラミドが不足すると、角質細胞間のバランスが崩れ、潤い成分が逃げていく隙間ができてしまいます。
・大豆
・小麦
・ヨーグルト
・胚芽米
・ほうれん草
など

【ビタミン類が含まれている食品】
ビタミンは角質内のNMFの保持や血流を促進させる、ターンオーバーを促すなど非常に多くの機能に貢献しています。
・ビタミンA:レバー・うなぎ・にんじん・パセリなど
・ビタミンB群:豚肉・大豆・レバーなど
・ビタミンC:レモン・キウイ・アセロラ・ピーマンなど
・ビタミンE:アーモンド・抹茶・あゆなど

【脂質が多く含まれている食品】
脂質は角質層の表面を保護し、血管などの組織を形成します。酸化を防ぐために、不飽和脂肪酸をとることをおすすめします。
・植物油
・ごま
・ピーナッツ
など

【たんぱく質が多く含まれている食品】
皮膚組織を形成する要の成分。不足すると皮膚自体が形成できなくなります。
・肉
・魚
・大豆
・乳製品
など

 

肌の状態がカラカラではいくら外から保湿しても効果が現れません。補給した成分は荒れている肌の隙間からすぐに逃げてしまうのです。そのため、肌の状態をまず健康に導くように生活を整えながら保湿を行うのが一番よい方法です。
これを機に、食生活を見直し、バランスを整えるように調整をしてみるといいでしょう。
しっかり体の中からキレイになりましょう!