気をつけてはいても、季節の変わり目や乾燥など風邪を引きやすいと思います。

引いてしまったならば、出来るだけ早く治したいですよね。

風邪というと「おかゆ」や「うどん」が代表的ですが、体が必要としている栄養素を補えば、抵抗力も上がり、早く治ることにもつながりますよね。

なので、今回は風邪を引いてしまったとき、もちろん予防としても摂りたいおススメの食材を紹介します。

まずは、体を芯から温め、免疫力を高めてくれる、しょうがや葱はおススメです。
特にしょうがはおかゆ・スープ・紅茶等、様々な食物・飲み物に入れることができます。必需品ですね!
特に乾燥させたしょうがは体温を保持する効果が高いとされています。TVなどにも取り上げられて、有名ですね。

次に効果的なのは、ビタミンC 風邪を引くと、ビタミンCが失われやすいので、積極的に補給することが大切です。
ビタミンCが多い食べ物の代表は果物類です。

・いちご
・レモン
・グレープフルーツ・みかんなど

ただし、ビタミンCは一度に大量に摂取しても体外に排出されてしまうので、

一日のうち何度かに分けて食べた方が効果的です。

次に効果的なのは緑黄色野菜などに含まれているビタミンA

ビタミンには、免疫細胞の働きを活性化してくれる効果があります。

またビタミンAは体内で生成することができないため、不足すると抵抗力が弱まり、風邪を引きやすくなります。
普段から風邪予防のためにも意識して食べておくことも大切です。

ビタミンAが多い野菜…

・ほうれん草
・小松菜
・にんじん
・かぼちゃ
・にら など

これからますます寒くなるので、栄養をしっかりとって風邪に負けない体を作りましょう。