リンパドレナージュとは、フランス語で「リンパ排出法」という意味です。

 

 

この方法は1932年にエミール・ヴォッターが行ったのが最初です。

 

その時代はリンパ系のマッサージはタブーとされていた時代でしたが、彼はリンパ系にに対して働きかければさまざまな病気が治ると考え、このリンパ系のトリートメントを確立しました。

 

現在では、日本はもちろん、世界中でこのマッサージは行われており、病気の治療から美容目的までさまざまです。

 

リンパドレナージュは、特にリンパ系に働きかけ、リンパ管内に溜まった老廃物や有害な物質を排出させるためのマッサージです。

 

リンパドレナージュはそれだけ効果を認められていることになります。リンパ液は血液などとは異なり、筋肉などの動きで、ゆっくりと流れるので、滞りやすいという性質があります。

 

そんな流れを、ソフトなマッサージで、スムーズに流していくのが、リンパドレナージュなのです。

 

現在、日本ではエステサロンで、このリンパドレナージュを行っていることが多いようです。

 

その効果は絶大で、ボディラインを気にする人にとっては、信頼できるマッサージだと言えるでしょう。

 

このリンパドレナージュが長い歴史を持つようになったのも、目覚ましい効果があるためでしょう。

 

このリンパドレナージュが広く知れ渡り、数多く実践されてきたのは、こういった手技には珍しく、数多くの論文が書かれ、科学的根拠による裏付けがしっかりとあるせいです。