リンパ管は、自動的にも動きますが、大部分は受動的運動によって動いて、リンパ液が流れます。

たとえば、運動した時には、手足からのリンパの流れは、4倍~20倍も増加します。

また、呼吸もリンパの流れをよくするために重要で、呼吸を行うことで、胸管や腹部、胸部のほかの大きなリンパ管のリンパ液を動かすことができます。

つまり、リンパマッサージでリンパの流れをよくすることは、もちろん、効果はありますが、それ以上に簡単な方法が、呼吸、特に深呼吸。

あとは、運動ということです。

逆に、リンパマッサージの効果をさらに高めたければ、上手に深呼吸を取り入れ、運動もする。
というのがいいわけです。