睡眠不足解消で太り易い体から体質変換

睡眠さえとればホルモンが働き、体質改善ができると考えてしまいますが、そう上手くはありません。
成長ホルモンは深い眠りを必用とし、コルチゾールは就寝前の食物摂取が大敵、レプチンとグレリンは睡眠のバランスが大事となります。これらのホルモンに機能してもらわなければ、睡眠をとっても体質改善には繋がらないのです。
ホルモンを働かせるためには約8時間前後の睡眠を心がけ、質の良い睡眠がとれれば尚良いでしょう。

質の良い睡眠を確保するために

1.睡眠前の飲酒は飲みすぎないこと!
お酒を飲んでから寝ると、夜中に熱くなって目が覚めるということはありませんか?飲みすぎは睡眠の妨げになってしまう場合があるのです。

2.就寝前に体を温める
寝る前の入浴には眠気を誘う効果があります。熱いお湯は交感神経を刺激し、眠気を吹き飛ばしてしまうので、ぬるめのお湯に浸かりましょう。すると副交感神経が優位になり、リラックス効果で眠気を感じるようになります。

3.光刺激を浴びないように
就寝前はTVやPCなどの画面から出ている光刺激を浴びないようにしましょう。画面から出ている光は脳を刺激して、交感神経を優位にしてしまいます。また、睡眠物質でもあるメラトニンというホルモンを抑制してしまいます。

 
 
 
 
☆‥…━━・☆・━━…‥☆‥…━━・☆・━━…‥☆
千葉県浦安市のリラクゼーションサロン《オリヴィエ》
■□リンパマッサージで身体のお悩み解消■□男女歓迎■□
♪肩こり・腰痛・痩身にオールハンドのリンパエステ♪
★★ホームページに初回割引クーポンあり!★★
〒279-0022
千葉県浦安市今川1-4-55-103
TEL:047-304-5088
HP:http://orivie.com
携帯サイト:http://orivie.com/m