睡眠と関係するホルモン4 – グレリン

「食べたい」「お腹を満たしたい」「お腹が空いた」という欲求(空腹)を生み出しているホルモンが胃で産生されるグレリンです。
睡眠時間が短い寝不足の状態が生活習慣となってしまうと、食欲を抑えるレプチンの分泌量が減少し、グレリンが増加することが解明されました。グレリンの増加は、食欲を増してエネルギーの消費率を低下させ、太り易い体質をつくり出してしまいます。
グレリンを大量に分泌させないためにも睡眠時間はしっかりと取るようにしましょう。

 

 

☆‥…━━・☆・━━…‥☆‥…━━・☆・━━…‥☆
千葉県浦安市のリラクゼーションサロン《オリヴィエ》
■□リンパマッサージで身体のお悩み解消■□男女歓迎■□

♪肩こり・腰痛・痩身にオールハンドのリンパエステ♪
★★ホームページに初回割引クーポンあり!★★

〒279-0022
千葉県浦安市今川1-4-55-103

TEL:047-304-5088
HP:http://orivie.com
携帯サイト:http://orivie.com/m