睡眠と関係するホルモン3 – レプチン

食事を終える頃に満腹感が得られるのは、脂肪細胞から分泌されるレプチンが満腹中枢を刺激するためです。
食べすぎて増えてしまった脂肪細胞に反応して、脂肪細胞からレプチンが分泌されるようになっています。レプチンには交感神経を優位にして脂肪分解を促進する働きがあるのですが、睡眠不足になるとレプチンの分泌が抑制されてしまいます。
睡眠時間が一定以下(約6時間以下と言われている)だとレプチンは減少し、食欲をセーブすることが出来ず、エネルギーの消費効率も低下してしまいます。

 

 

☆‥…━━・☆・━━…‥☆‥…━━・☆・━━…‥☆
千葉県浦安市のリラクゼーションサロン《オリヴィエ》
■□リンパマッサージで身体のお悩み解消■□男女歓迎■□

♪肩こり・腰痛・痩身にオールハンドのリンパエステ♪
★★ホームページに初回割引クーポンあり!★★

〒279-0022
千葉県浦安市今川1-4-55-103

TEL:047-304-5088
HP:http://orivie.com
携帯サイト:http://orivie.com/m