姿勢が悪いと、背中の血液循環が悪く、背中の筋肉がこりやすいとされています。特に、デスクワークを悪い姿勢で長時間行うと、疲労物質が蓄積しやすく、こり固まって痛みを伴うようになってしまいます。
さらに、血液循環が良くないと、脂肪が燃えにくくなってしまいます。悪い姿勢を続けることにより、血液循環が悪くなって、脂肪が蓄積しやすくなってしまうのです。

肩甲骨を動かすことにより、肩甲骨付近の筋肉をほぐして、血液の循環を促進することができます。デスクワークの途中でも、気付いた時に行うようにすると良いでしょう。

肩甲骨を動かすには?

肩甲骨を動かすと言っても、激しく動かす必要はありません。ゆっくりと行い、無理しないことが大切です。1回でも効果が期待できるので、時間のある時にこまめに行うと良いでしょう。

  1. 両方のヒジを曲げて、大きく胸を張ります。
    左右の肩甲骨を寄せるように(両肘を後ろで近づけるように)意識すると良いでしょう。
  2. 肩甲骨を近づけた状態で3~5秒キープします。
  3. 両手を前に伸ばすようにして、背中を丸めるようにして伸ばします。
    腰を丸めるのではなく、背中を伸ばすことを意識します。近づけた左右の肩甲骨を離すようなイメージで行うとよいでしょう。
  4. 背中を丸めた状態で3~5秒キープします。

肩胛骨の動かし方/イラスト

 

 

☆‥…━━・☆・━━…‥☆‥…━━・☆・━━…‥☆
千葉県浦安市のリラクゼーションサロン《オリヴィエ》
■□リンパマッサージで身体のお悩み解消■□男女歓迎■□

♪肩こり・腰痛・痩身にオールハンドのリンパエステ♪
★★ホームページに初回割引クーポンあり!★★

〒279-0022
千葉県浦安市今川1-4-55-103

TEL:047-304-5088
HP:http://orivie.com
携帯サイト:http://orivie.com/m