デリケートなところは光脱毛がおすすめ

<Vライン>

Vラインは「ビキニライン」とも呼ばれ、正面から見た両股のVの部分です。

この部分は比較的自分でも見えやすく自己処理しやすい場所なので、カミソリや毛抜きなどでお手入れするのが一般的かと思います。ですが、皮フが薄くデリケートな部分なので、赤くなったり毛穴がポツポツと盛り上がりトラブルになることも。

<Iライン>

Iラインは脚の付け根から性器周辺に生える部位です。見えにくい部分でもあるので、どう処理していいか迷うことも。この部分を処理すると、蒸れやかぶれ・臭いなどの悩みを和らげてくれるメリットもあります

 

<Oライン>

Oラインは肛門周辺のアンダーヘアを指します。意外とこの部分にムダ毛が生えている女性は多いのですが、自分で処理をするには難しい部分ですし、特に人に聞きにくい場所でもあります。

そのようなときには「医療光脱毛」という方法があります。私どものクリニックでも、「スーパー脱毛」と呼ばれる光脱毛マシンを使用しています。そして最近は、VラインだけでなくIラインOラインの脱毛をする女性が増えています。

 

◆光脱毛のメリット
・痛みがほとんどない
・毛の処理率が高い(肌表面をマイナス2~4℃にする事で痛みを軽減。その分パワフルに脱毛できる)
・2カ月に1回の来店スペースでOK
・3~4回で徐々に毛質が細くなり、かなりの毛量の減少が実感できる
・毛が生えなくなることで毛穴が引き締まり、肌のキメが整い肌がつるつるになる
・陰部の蒸れやかぶれ、臭いの軽減になる
・新しく毛が生えてくる時にチクチクしない

◆光脱毛のデメリット
・日焼け直後は施術できない
・毛抜き処理をしている方には効果がない
・金髪、白髪だと効果がない

早い人だと30代前半からアンダーヘアにも白髪が混じり始めます。残念ながら白髪はメラニンに反応させるレーザーの脱毛ができないため、もし医療光脱毛をされるなら早めのケアがおすすめです。