自覚はなくても、顔が歪んでいる可能性は大! そもそも、顔のバランスが左右対称で歪みがないという人はほとんどいません。

だから仕方がない、というわけではありません。日々の生活習慣や姿勢のクセなどが原因で、顔や体の歪みをひどくしている場合が多いのです。少しでも歪みを減らすようにすることが大切です。

◆顔が歪むとどうなるの?

・額にシワができる
・目じりにシワができる
・たるみのクマができる
・鼻が低く見える
・頬骨が張り出し、顔が横に広がる
・噛み合わせが悪くなる
・目が小さくなる(小さく見える)
・ほうれい線が目立つ
・顔がむくみやすくなる
・肌にトラブルが出やすくなる

…どうですか。顔の歪みはこんなに様々なトラブルにつながります。

◆こんな人は歪みやすい

【1】肩・首のコリがひどい
【2】よくほおづえをつく
【3】食事のときに片側ばかりで噛む
【4】通勤電車で「休め」の姿勢(片脚に重心をかける)で立っている
【5】うつ伏せや横向きで寝る
【6】イスに座ると脚を組みたくなる
【7】バッグをいつも同じ側の肩にかける
【8】口を大きく開けるとアゴがカクっと音がする

あてはまる数が多いほど、歪み度大!です。

◆顔の歪みチェック

自分の顔をチェックしてみましょう。まず、顔全体が映る鏡と、ボールペンや定規などまっすぐな棒を用意します。

1●顔の縦中心にペンを当ててチェック

・エラの部分が左右どちらかに張り出していませんか
・鼻がどちらかに曲がっていませんか
・目の大きさが左右で違いませんか
・ほうれい線の深さが左右で違いませんか
・口角の高さが左右で違いませんか
・耳たぶの高さが左右で違いませんか