前回(デコルテ美人は鎖骨がキレイ!)は、デコルテ美人は「まっすぐな鎖骨」がポイントとお伝えしました。実は、デコルテ美人になるには、背中側の肩甲骨も大切になります。

デコルテの美しさと背中側の肩甲骨がどうして関係あるの?と疑問に思った方もいらっしゃるでしょう。肩関節・肩甲骨・鎖骨は連動して動くので、肩甲骨の動きが悪くなると、次のような弊害が起こってくるのです。

・鎖骨がVになりやすい
・猫背になりやすい
・首が前のめりになり、首のコリがつらくなる
・肩コリになりやすい
・二の腕が太くなる

パソコンや机に向かう姿勢をとると、肩が内側に入り、肩甲骨は背中の中心から外側方向に引っ張られます。

さて、今回のポイントは菱形筋(りょうけいきん)です。菱形筋は肩甲骨を背中の中央方向に寄せる筋肉です。肩が内側に入ると、肩甲骨が外側に引っ張られます。このとき、菱形筋は伸びた状態で肩甲骨を支えようとします。

長時間同じ姿勢を続けると、胸の前側の筋肉は使いすぎで縮まり、背中側の菱形筋は伸びたまま緊張状態が続き、それが姿勢のクセとなって、肩甲骨の筋肉を動かしづらくなります。

このように、普段使いづらくなっている菱形筋を使いやすくして、猫背や首が前のめりになった姿勢を改善しましょう。そうすれば、デコルテは美しくなります。肩甲骨、背中が凝ってつらい方もとても楽になりますので、ぜひお試しください。