エステサロンでの主な脱毛法は、ブレンド法と呼ばれる電気脱毛とIPL脱毛と呼ばれる光脱毛の2種類です。
エステサロンなどでは、そこのエステサロン独自の脱毛法と宣伝しているところがありますが、大抵はIPL脱毛に当たるものだそうです。

ブレンド法と呼ばれる電気脱毛の特徴は、レーザー脱毛と比べだいぶ時間がかかってしまうことです。
細い針を毛穴に刺し込んで電流を流して毛根を破壊するという仕組ですが、出力が弱いものなので1本の処置に長いと5秒ほどかかってしまいます。
電流を流す時間が長いため、人によっては激しい痛みを感じる場合もあるようです。
そして、1本1本の毛穴に刺して処置をしていくものなので、当然時間がかかります。

エステサロンによっては、1回の治療で何時間までというように、治療費が時間制で決められているため、場合によっては費用もかかってしまいます。

IPL脱毛とは、医療レーザーと同じように黒い部分に対して熱反応を起こす光を出力した機器を使う脱毛法です。
この光のことを「Intensive Pulse Light」と呼ぶため、略してIPLと言います。
電気脱毛と比べ、レーザーと同じような効果のある光を出力する機器を使用するため、脱毛効果が期待できそうですが注意が必要です。

一般的に毛というものはとても頑丈にできているため、低い出力だと脱毛効果が期待できません。
必然的に出力を上げて処置を行いますが、火傷になるかならないかくらいの出力で照射しないと効果が見込めないものなので、火傷のトラブルなどが少なくないそうです。