ダイエットと生活習慣には、深い関わりがあります。ダイエットにも、食事を変える、運動をする、等、いろいろな方法がありますが、効果が出にくい時や自分に合うダイエット方法が見つからない時には、生活習慣を見直してみることも有効です。

まずは、午前中の内に体を動かしてみましょう。 早い時間から体を動かすことで代謝が高い状態のまま一日を過ごすことができます。 仕事や学校が始まる時間はほぼ同じなので、より体を動かすためには早起きすることです。 家事を早めに片づけたり、軽い運動をしたりできます。また、少し早めに家を出て、一つのバス停分だけ多く歩いてみたり、できるだけ階段を使ったり、と言うのも良い運動になります。ちょっとした運動の習慣をつけることは、無理なく運動する良い方法です。

また朝食や昼食はバランスよく食べましょう。 一品を食べるよりも、多い種類のものを少量ずつ食べる方が良いです。それは、栄養のバランスもとれますし、量の割には満足感を得られやすいからです。

そして朝食はきちんと摂りましょう。 朝食を抜くと、間食をしてしたり、昼食や夕食が多くなったりするもとになります。 昼食も、麺類や丼ものよりは、おかずの品数の多いものを選びましょう。

夕食は、遅くても寝る3時間前には食べ終わりましょう。 寝る直前に食べたものは、消費されずに体に蓄えられてしまいます。 寝る前の夜食は厳禁です。 夕食のカロリー量は、一日の中でも最も少ないのが理想的です。

お風呂はシャワーで済ませずに、湯船にゆっくりとつかりましょう。 疲れがとれるだけではなく、体が温まることで代謝量が増えます。 血行も良くなり、老廃物を排泄する機能も高まります。 体温も上がりますので、しっかりと眠ることができ、朝の目覚めも良くなります。

どうでしょうか。 全部、もうやっている!という方もいるかもしれません。そんな方は、その上で、新たなダイエット方法にトライすれば効果が出るでしょう。 改善の余地がある方は、ぜひ、生活習慣を見直してみてくださいね。