腹筋を鍛える筋トレのコツとポイントを(みなさんが一番鍛えたいと思っている場所ではないでしょうか?)ご紹介したいと思います。

腹筋を鍛えるコツ、それは「スロートレーニング」です。

筋肉を鍛えるためにスポーツジムへ通っていらっしゃる方も中にはいると思いますが、皆さんが一番気になる部分や一番鍛えたいと思っている部分はどこですか?同じような質問を色々な方にしてみたのですが、多くの方が腹筋を気にされているようです。ダイエットを目的とされて腹筋を鍛えている方も多いと思いますが、わざわざスポーツジムに通わなくても腹筋を行う時のコツを覚えてしまえば、自宅でも簡単に腹筋を鍛えることは可能です。

この「スロートレーニング」のやり方ですけど、まず、仰向けに寝て、両膝をゆっくり曲げて下さい。次にその膝をゆっくりゆっくり徐々に体の方に引き寄せていきます。

そうすると、自然に背中が丸まってきませんか?

そのまま、お腹とお尻に力を入れるように意識して、かかとは完全に床から離した状態です。膝が体に近づき、背中が丸まった状態になると、顎(あご)が胸に近づくと思います。

その時のポイントとして、目線をおへその辺りに持って行きます。もう1つポイントがあって、腹筋をする時の呼吸です。腹筋など筋肉に力を入れると、どうしても呼吸を止めてしまいがちですよね。膝を体の方へ引き寄せる際に、息を吸うのではなく、吐くように意識してみて下さい。更に短い呼吸ではなく、ゆっくり長い呼吸を行うとより効果的です。

最初のうちは慣れずに大変だと思うので、きつい時は片足ずつ行ってみてください。きついからと言って、そこで止めてしまっては意味がなくなってしまいます。毎日継続出来るよう、自分自身で調整してみてくださいね。