しわ取り化粧品の効果としわの原因

しわ取り効果がある化粧品の成分と、
しわのできるメカニズムは関係があります。しわとは、皮膚の老化現象によって目立つようになります。

老化の原因は歳月の経過と紫外線の影響です。

紫外線の中にはUV-AとUV-Bがあるのですが、
よりしわの原因となるのはUV-Bの方です。

肌の弾力を保つコラーゲンは、
真皮層まで届いたUV-Bの影響で細かく破壊され、
エラスチンの状態を変えてしまいます。

皮膚は弾力を失い、結果たるみやしわとなります。

UV-Aは、メラニンを生成させ日焼けの原因となります。

コラーゲンの繊維にダメージを与えるコラゲナーという酵素は、
UV-Aによって作られます。真皮層にまでは来ませんが、
しわの原因にはなっています。

紫外線の影響から肌をガードするには、
日焼け止めクリームやUVカット成分が配合されている
化粧品を使うといいと言われています。

老化によってしわが増える理由としては、
皮膚の乾燥や細胞組織が酸化すること、
皮膚の弾力性が失われることなどがあるようです。

皮膚に蓄積された負担が、しわを作ってしまうというわけです。

皮膚にはケラチニゼーションという、
新生した細胞が古い細胞ととってかわる作用が28日おきに行われています。

しわ取り化粧品を使うことで、
ケラチニゼーションをきちんとした状態に保ち、
古くなった皮膚が速やかに入れ替わるようにします。

真皮まで届いてしまったダメージは取り戻せませんが、
肌の表面にできたしわは、
しわ取り化粧品によるケアで目立たなくすることができます。