目尻のしわのケアと予防

目尻にはどのようなお手入れをすると
しわ対策になるでしょう。

目尻はしわができやすい要注意箇所です。

目の周りは皮膚が薄く刺激に弱いので、
保湿力が失われ乾燥すると
てきめんにしわになって現れます。

目のまわりの筋肉は、
表情の変化に伴ってよく動きます。

そのため、俗にカラスの足跡といわれるしわや
ちりめんじわがついたまま消えなくなるのです。

目尻に刻まれたしわを
わかりにくくするには、
化粧水や乳液で念入りにスキンケアを行い、
乾燥を予防して肌をふっくらさせることです。

化粧水や乳液、美容液などで
目尻の皮膚の保湿力を高めるという方法の他、
マッサージなどで血行を改善して代謝を促し、
しわのケアをするという方法もあります。

保湿やUVケアだけでなく、
マッサージにより血行促進し、
肌の新陳代謝をサポートする事が
重要な役割なのです。

ただし、目の周囲の皮膚は薄く弱いため、
強くこすらないように
そっと化粧品をつけるようにしてください。

アンチエイジングの大事なポイントは、
紫外線からの防護です。

日差しの強い季節でなくても、
紫外線は肌を浸食し
しわやたるみの原因となっています。

紫外線を防ぐために、オイルや帽子、
日傘などを使いこなしましょう。

目尻のしわを日々のお手入れで
きちんとケアをするには、
アイシャドウやアイラインなどの
メイクおとしも重要です。

できれば目元のメイクを落とす専用の道具を用いて、
目の周りの皮膚を引っ張ったり
こすったりせずに落とします。

ダブル洗顔で汚れをしっかり洗い流し、
汚れ残りによる肌トラブルを回避することも大事です。