目尻のしわ原因

顔の小じわが気になるという方の多くは、
目尻にできているしわを気にしているようです。

目尻はしわができると、
第一印象がぐっと老けて見えてしまいます。

目尻にしわが目立つようになるには、
どういった段階が踏まれて
何が理由なのか分析すると、
しわ予防に役に立ちます。

目尻にしわができるのは、
年を重ねたためや、
肌の乾燥のためになるようです。

しわが増える理由の1つとして、
皮膚の水分が失われたからというものがあります。

この他、コラーゲンやエラスチンなど
肌の弾力を保つ成分が
年と共に失われていくことも理由になります。

人の表皮は約28日周期の
ターンオーバーと呼ばれる細胞の再生サイクルで
生まれ変わります。

基底層で新しい細胞は作り出されて、
その後は14日かけてゆっくりと
表面に向けて昇っていきます。

そして表面に現れた皮膚は角質層として、
残り14日間、外界の刺激から体を守ります。

30歳から70歳の間に肌のターンオーバーの能力は
半分まで衰えてしまうそうです。

年を取ると同じ角質層が
いつまでも使われることになり、
硬化しがちです。

目尻にしわができるのは、
古くなったままの皮膚から
肌本来のハリや潤いがなくなり、
乾きやすくたるみやすくなるためにできます。

肌内部では、肌弾力のもとになる
エラスチン線維が衰え
、真皮と表皮の間が平らになるため、
肌の張りや弾力、
水分保持力を失っていきます。

目尻のしわが出来る原因を
しっかり理解することは、
正しい対策の第一歩になります。