フォトフェイシャルのメラニンへの効果

フォトフェイシャルのメラニンへの効果
年と共に気になってくる肌の衰えですが、
フォトフェイシャルは、
肌のしみやしわ、そばかす、
たるみなどを緩和する効果が期待できます。

フォトフェイシャルとは、
IPLと呼ばれる特殊な光を使った
肌への美容治療の方法です。

肌への美容治療の方法にはさまざまなものがあります。

薬を服用したり塗ったり、
ピーリングやレーザー照射は
肌への美容治療としてよく知られています。

フォトフェイシャルも、
そうした肌への美容治療の方法の1つです。

フォトフェイシャルで用いるIPLは、
メラニンという黒い色素に反応します。

IPLを肌に照射することによって、
メラニンで構成されている部分を
分解排出できるという仕組みです。

そばかすやシミは、
肌のメラニン色素によって
形成されているということは
よく知られていることのようです。

このメラニンをフォトフェイシャルのIPL光で
分解することによって美白効果を得られ、
しみやそばかす対策ができます。

フォトフェイシャルを受ける場合の注意点の1つは、
日焼けした肌には適さないということです。

肌が日焼けで色がつくのは
メラニンの作用によるものなので、
日焼けをしている部分にフォトフェイシャルを
施すと肌全体がIPL光に反応してしまい、
肌を傷めてしまう危険性があるのです。

ひどい場合は、フォトフェイシャルの効果が
火傷のような状態になって現れてしまうことがあります。

いくつかの注意点を守れば
美肌効果の高いフォトフェイシャルは、
アンチエイジングに重宝するでしょう。